共同財布の活用事例

家族・カップルの場合

家族メンバーでお金を積み立て、
仕送りや介護などの共同出費に使う

家族間の仕送りや親の面倒見など、家族メンバーからお金を徴収する機会があります。
しかしながら、その都度、お金を請求するのは大変です。送金の手間もあれば、徴収する金額が少額で依頼しづらいこともあるからです。特に家族メンバーが離れて暮らしている場合は、手による回収も難しいため、それが顕著です。「共同財布」を使えば、オンラインでお金を積み立て出金もできるため、精算がとても楽になります。

催事の費用や仕送りなど、
家族でのお金のやり取りが簡単になります

家族メンバーで毎月お金を積み立て、家族全体に関する支払いに使うことができます。 例えば、離れ離れで暮らしている兄弟姉妹が毎月3万円を支払い、親の介護や家族旅行の費用の折半に使ったり、家族メンバーへの仕送りとしても使うことが可能です。クレジットカードで簡単にお金を支払えるため、パッとお金を集めて、パッとお金を引き出すことが可能です。

みんなで作った共有口座が
共同財布を使うと不要になります

同棲・結婚生活で「共同財布」を利用すると、とても便利です。 「共同財布」があれば、誰かの銀行口座に依存することなく、食費や光熱費、共有物の購入費用などを皆で分担することができるようになります。 また、旅行などに向けて皆で積み立てを行うことでより関係性を深めることもできます。

その他の活用事例


ダウンロードも無料、手数料も無料

今すぐダウンロード

Smooney

これからの、お金と暮らしのメディア