共同財布の活用事例

コミュニティの場合

オンラインサロンやコミュニティのお金管理にみんなで使える基金を

オンラインを中心としたあたらしい形のコミュニティだからできる、お金管理の形があります。みんなで必要な場所や機材の資金を積み立てたり、共通の活動に使うための基金をあつめたり。みんなで貯めたお金は、みんなで使うことができるから、全員が主体者のフラットなコミュニティに使われています。

コミュニティへの入会や運用で発生する
お金管理が簡単になります

コミュニティの入会に必要な審査や、プラン作成も「共同財布」なら簡単に行うことができます。会員ごとのプラン作成をするもよし、共通の目的達成に向かって積み立てるもよし。使い道に合わせてお金を集めて、使うことができます。

共同財布に貯めたお金は、
みんなで決めてみんなで使いましょう

「共同財布」で貯めたお金は「引出し申請」によってみんなで使うことができます。 メンバーが相互に使途を判定する機能があるので、むやみやたらに引き出されることはありません。お金の使われ方の透明化にもなるので、コミュニティ運営に向いています。

その他の活用事例


ダウンロードも無料、手数料も無料

今すぐダウンロード

Smooney

これからの、お金と暮らしのメディア